サイバーセキュリティ:企業が今、そして次にすべきことは?

インターネット、実店舗、どこでビジネスをしていても、生き残り、そして成功するためには、最適なeコマースインフラストラクチャを採用する必要があります。

多くの企業が力を注ぎ対策をとった結果、実際に安定にセキュリティ対策を稼働している企業はどのくらいでしょうか?本当に問題は解決したのでしょうか?いいえ、実際のところ不完全なセキュリティ対策、脆弱なアプリケーション、そしてさほど高度ではないハッカーからもサイバー攻撃に晒されている企業のネットワークはまだ非常に多いのが現状です。

実際には、レポートによると、世界のサイバー犯罪による被害は年間6,000億米ドルと推定されており、これは世界のGDPの約0.8%を占めています。これは深刻な問題であり、ビジネスリーダーは組織をより充実したサイバーセキュリティ対策に余念がありません。

ライムライト・ネットワークスのサイバーセキュリティの現状 2017 – 東南アジアの市場調査レポートによると、東南アジアのビジネスの約50%がサイバー攻撃を受けていることが明らかになっています。70%以上の企業は、ウェブサイトがハッキングされたり、データ盗難の犠牲になった場合に、財政的損失を被るとも言及しました。

しかし、サイバーセキュリティ対策を実施するにあたって、企業がコストの問題に直面し、社内の専門知識が不足していることも判明しました。

 

Webインフラストラクチャネットワークは近代的な組織の根源ですが、脆弱性もあり、ネットワークの規模が大きくなるにつれて脆弱性が急激に高まります。実際、企業はデジタルプレゼンスとタッチポイントを管理することがますます困難になっており、クラウドへの移行を検討する企業が増え続けています。

データによると、アジア太平洋地域(APAC)はハッカーの標的になる可能性が80%もあると示唆されています。今後数年間で、IoTデバイスの増加に伴うデジタル変換の速度と範囲の成長、脆弱性の拡大は、サイバーセキュリティのリスクをさらに拡大させることに繋がります。

ライムライト・ネットワークスの調査レポートによると、未だソリューションを導入していない組織にとって、最大の課題はサイバーセキュリティ対策のコストであるということがわかりました。

日本、マレーシア、さらにはインドであっても、このような現状はAPACの企業にとっては大きなリスクとなります。

  • 日系旅行会社JTBは、2016年にサイバー攻撃により793万人のユーザーデータを損失しました。昨年、4620万の携帯電話のアカウントに関する情報が盗まれ、3120万人に影響を与えました。
  • 今年は、いくつかの攻撃により、インド政府が10億以上のバイオメトリックAADHAAR IDのデータベースを安全に保つことに奮闘していることが証明されました。

オンプレミスのサイバーセキュリティソリューションには、独立して、分散型WebサイトまたはWebアプリケーションに対する大規模な攻撃を処理するのに十分な拡張性がありません。一方で、クラウドソリューションは拡張、展開、維持を容易にできるように設計されています。

ライムライト・ネットワークスは、世界中のエンタープライズクライアントによる経験から、最新のサイバー攻撃に対する効果をリアルタイムに高いレベルで維持するために、ソフトウェアのアップデートやアップグレードを必要としないクラウドベースのサイバーセキュリティソリューションを推奨しています。また、クラウドベースソリューションはCAPEXを削減しコスト効率が向上することも大きなメリットです。

現在企業が直面している一般的なサイバーセキュリティの課題の一部には、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃、Webアプリケーションセキュリティの喪失、コンテンツの盗難、悪意のあるボットによる攻撃、企業資産の保護、そしてネットワークへのアクセス管理が含まれています。

 

一歩ずつビジネスを保護

自社のビジネスのためにサイバーセキュリティソリューションに投資したいと考えている場合、DDoSとWebアプリケーションのセキュリティは間違いなく最優先事項の1つでしょう。

ライムライト・ネットワークスのクラウドセキュリティサービスは、Webアプリケーションを効果的に保護し、DDoS攻撃から十分に保護します。多種多様なビジネスの尽きることのないニーズをカバーするワンストップソリューションを探している企業にとって、理想的なクラウドサイバーセキュリティソリューションだと言えるでしょう。

ライムライト・ネットワークスの巨大なグローバルコンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、トラフィックの氾濫を吸収し、悪意のあるトラフィックからインフラストラクチャを保護します。CDNエッジサーバー間のSSL接続は、最大のSSLグローバルフットプリントを使用してデジタル資産を安全に配信します。また、Webアプリケーションファイアウォールは、優れたボット/不正なボット検出や、Webアプリケーションごとのカスタムルールによる保護強化などを含め、レイヤー7DDoS攻撃をアクティブに軽減します。

さらに、IPアドレスのホワイトリスト/ブラックリストやジオロケーションによるアクセス制御などのデジタルプレゼンスを保護するという点で、機能面で非常に多くを提供しています。また、ライムライト・ネットワークスのサービスを検討することは、他のベンダーを評価する際にも役立つかもしれません。

 

今がその時

強固なサイバーセキュリティ対策 —それは今日のビジネス世界では必須の対策です。

APACの潜在的な脅威の可能性が高まっているにも関わらず、開示規制がないため、米国や欧州よりも攻撃が希少であるという認識が生じているかもしれませんが、実は報道されている事象も氷山の一角です。

ハッカーからの攻撃は、あなたのビジネスに重大な損害を与える可能性を大いに含んでいます。ライムライト・ネットワークスの調査によると、ブランドの整合性とサイバー攻撃の間に強力な相関関係があることが証明されています。攻撃が発生するとブランドの評判が低下し、今後のビジネスに少なからず影響が生じるでしょう。

どこから手を付けるべきか分からない企業は、社内の専門知識が不足している企業は、今すぐライムライト・ネットワークスにご連絡ください。

 

ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社

http://delivers.limelight.com/2018JPSecurity

03-5771-4230

お問い合わせ https://jp.limelight.com/email/